その他運営サイトはコチラ▷link lit

【ブログのデザイン】「図」と「強調」を使ってわかりやすく伝えよう!

こんな人にオススメ
  • 文章をキレイに書くヒントが欲しい
  • 読まれる記事を作りたい
  • 強調を上手に使いたい

「デザイン」は内容をわかりやすく
伝える手段の一つであります

わかりやすい資料に共通しているのは

  • 文章が短く簡潔
  • 適度に画像を挿入
  • 読者を飽きさせないデザイン

この3つだと思います


今回は読者にとって読みやすく作成するための記事を書きました

参考になるところ、
ならないところがあるかと思いますが
最後まで読んでいただければ幸いです!

Contents

わかりやすさ

そもそも
「わかりやすい」
ってなんだろう…?

わかりやすいとは

簡潔にいうと
情報が取得しやすい」ことを表します

脳が情報を取得してから

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e45f66e093d64cb64700bdba18ceb951.png
  • 短時間で処理ができればわかりやすい
  • 処理に長時間かかればわかりにくい

伝えたい情報を

  • 周りくどく説明する
  • 構成をバラバラにして伝える

こうしてしまうと
脳は情報の処理に時間を要してしまいます

関連記事▷【ブログのテーマカラーの決め方】イメージカラーで綺麗なデザインを


わかりやすさに必要な要因

わかりやすさには
内部的要因」と「外部的要因」があります

内部的要因は時間をかけて上達するものでありますが
外部的要因はコツを掴めばすぐに上達ができます

内部的要因

内部的要因

何を説明しているのかが明快な状態


内部的要因は

  • 単純明快な文章
  • 文章の表現方法
  • 論理的な説明


人によって
話し方」や「書き方」が変わっています

|これは「話術」や「文章力」のスキルに依存してきます


そのため、トレーニングを積むことで
「文章力」や「話術」のセンスが磨かれていきます

ブログは収益が出るまで時間かかる
要因の1つです

外部的要因

外部的要因

自然と目線が導かれて
伝えたいことが瞬時に判断できる状態


外部的要因はいわゆる「見た目」です


本を選ぶときは
表紙の「ファーストインプレッション」で選びますよね

それほど見た目が重要となってきます



デザインもスキルに依存してしまうものです

しかし、内部的要因の文章力とは違い
コツを掴めばすぐに上達が可能です

デザインの整え方やバランス
を改善すれば
情報を容易に取り出せる資料を作ることができます


文字を読ませない

相手に伝えるときは、「文字」で伝えると
脳内の処理に時間を要してしまいます

しかし、「図」を用いることで
情報は一瞬で取り入れることが可能になります


また、文字数が多いと情報を理解するのに
時間」と「労力」がかかってしまいます

脳内では

  1. 文字を読む
  2. 文脈を理解する
  3. 中身を解読する


この順序を経て情報を取り込みます

長文になってしまうと書き手は満足するかもしれませんが読み手は苦労してしまいます

情報を凝縮することが大切

<例>

文字だけで伝える

内部リンクとは自分のサイト内の記事から別の記事へとリンクをすることによって容易に飛べるようにする手法です

外部リンクとは別名被リンクと呼ばれており外部のWebページから自分のWebページへのリンクのことをいいます

図を使って伝える

図や写真を用いれば
情報の処理は一瞬で終わります

こうすることによって読者が

「読みやすい資料」

と認識してくれるため


理解度を深められる資料を作ることができます

文字」より「」で理解させる

文字の強調

文字を強調方法は3つあります

  • 太字
  • 斜体
  • 下線

どれも文中に入っていれば
目立たせることができます

しかし、ただ使うだけではなく
使い分け」をすることが大切です

太字

太字は主に

タイトル
見出し
重要な部分

で使うことによって目を惹きつけることができます

特に1文の中で
重要なところに太字
使うことがオススメです



また、「〜ます」「〜です」まで太字を引っ張ってしまうと
キーワードを強調できなくなってしまいます


そのため、強調する部分は
名詞」に絞ることで
より重要な情報を際立たせることができます

<使用例>

この文章で一番伝えたい部分は
この部分です

この文章で一番伝えたい部分は
この部分です

この文章で一番伝えたい部分は
この部分です

「強調」は一番差異が出やすい太字を利用しましょう

斜体

斜体は基本的に英文主体の資料を強調するときに使います

斜体は日本語に使うのは
あまり好ましくありません

日本語を斜体にしてしまうと
フォントの形状が変わってしまうため
返って読みにくい文章となってしまいます

<使用例>

通常:斜体は英文で使うと効果的です

斜体:斜体は英文で使うと効果的です

太字:斜体は英文で使うと効果的です



下線

下線は比較的長い文章を強調するときに使います

強調したい部分全て太字にしてしまうと
文章が重たくなってしまいます

基本的には
情報を凝縮して太字を利用することが望ましいですが
どうしても文章が短くできない場合に使うと効果的です

※マーカーも同じです

使用例

通常:下線は文章が長いときに使用すると効果的です

太線:下線は文章が長いときに使用すると効果的です

下線:下線は文章が長いときに使用すると効果的です

下線:下線は文章が長いときに使用すると効果的です

まとめ

  • デザインはコツを掴めばすぐに上達が可能
  • 視覚的に情報を伝えると「理解力」が上がる
  • 文字の強調は太字下線を利用しよう


文字だらけの記事になってしまうと
読みにくくなってしまいます


確かに、図を作成するよりも文字で伝えた方が
書き手にとっては効率的です


しかし、読み手にとっては非効率になってしまいます

書き手が時間をかけて情報を提供するか
読者の時間を奪って情報を提供するのかが鍵になってくると思います

特に重要な箇所は
図を使って視覚的に情報を提供してあげることが読者のためになると思います

それでは〜!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる