その他運営サイトはコチラ▷link lit

【意外と知らない】Google AdSenseの広告掲載の仕組み

Google AdSenseに合格したはいいけど
アドセンスの収益がなかなか上がらない…

と、悩んでいる方いるかと思います
※筆者もその一人です


どうすれば収益が上がるのだろう…
と思い立ち「広告掲載の仕組み」について調べてみました


Google AdSenseの仕組みを理解することによって
広告の単価を上げるヒントが隠されていました!

こんな人にオススメ
  • Google AdSenseの仕組みを知りたい
  • 広告はどのように掲載されているのか
  • 広告の単価を上げたい

この記事を読むことによって
ワンクリックの設定で下記2つが見込まれます

  • ユーザーの離脱率の低減
  • 広告の単価の上昇
ツタロー
ツタロー

Googleの広告の仕組みを理解してみましょう!

Contents

Google AdSense

Googleアドセンスとは

サイトを運営している人向けのサービスであり
オンラインコンテンツから収益を得ることができます

広告がサイトに表示される際
任意の広告が表示されます

この広告はGoogleが適当に選んで
載せているわけではなく


サイトのコンテンツやユーザーの閲覧履歴に基づいて広告表示されます

広告は誰が作っているの?

商品やサービスを宣伝したい
広告主」が作成しています


広告主によって広告に設定されている
単価がそれぞれ異なっているため
一概に1クリック○円といった収益を
特定することはできません

平均は20円〜30円と言われています


広告はクリック数や表示回数によって
費用が支払われ自分の収益となります

広告の手数料

Googleの売り上げの柱であるのが広告です

Googleの売り上げは全体の90%程が広告であるといわれています

Apple、Googleなど世界を席巻する5大IT企業の収益構造をグラフ化してみたら、意外な違いが見えてきた|FINDERS
finders

広告主が設定した広告の値段を
サイトの運営者」と
Google」で分け合っています

広告収益の分配率
スクロールできます
項目運営者Google
コンテンツ向けアドセンス68%32%
検索向けアドセンス51%49%

アフィリエイト報酬は3%程度でありますが
アドセンス報酬は70%も配分されています

サイト運営者によっては
異なる分配率が適用されている
場合もあります

広告の選出方法

サイトに表示される広告は
オークション形式によって選出されています



「入札単価」と「品質スコア」
最高値を獲得した広告主
広告枠を獲得することができます

広告の品質
  • 検索内容に対する広告文の関連性
  • ユーザーが広告をクリックする可能性の高さ
  • ユーザーの閲覧履歴


など、複数の要因を加味して広告の品質が決まります

Googleも収益を上げるため
コンテンツに最適な広告を掲載したいのです

「サイトに広告を載せたい!」


という広告主が多いほど
広告掲載の競争率が高まります


オークション形式で広告は表示されるので
単価が高く、品質の良い広告
運営しているサイトに掲載されます

その結果1クリックの収益は
広告によって違いがあります

収益の種類

アドセンスの収益には

クリック収益
インプレッション収益

2種類の収益があり

2つの収益が合算された金額が
推定収益額」になります

この推定収益額はあくまで「推定」です

推定収益額から無効な操作による収益が差し引かれた金額自分の収益となります

無効な操作の定義
  • 自己クリック
  • 広告へのクリックの誘導
  • 一人以上の繰り返しのクリック

クリック収益

クリック収益=
クリック単価×クリック数

ツタロー
ツタロー

とても単純ですね!

クリック収益はクリックされた数だけ収益を得ることができます

一般的には1クリック20円〜30円といわれています

|広告によって広告単価が異なってきます

インプレッション収益

インプレッション収益は
1000回表示された場合の平均収益を表します

インプレッション:表示回数

インプレッション収益=
(推定収益額/広告表示回数)×1000


で求めることができます

<例>

推定収益が200円 
PV数が2,000回の人の場合

インプレッション収益=(200÷2000)×1000


インプレッション収益は
100円となります

上記の計算式でいくと

インプレッション収益だけで1万円稼ぐとすると
100,000PVが必要になるという計算になります

インプレッション収益の単価は広告主が

「1,000回表示されたら500円支払います」

というふうに
1,000回あたりで金額を設定します

クリックがなくても
広告が表示されるだけで収益は発生します

アドセンス収益公開の注意点

Google AdSenseの規約によると
推定収益額の開示には注意しなければなりません

規約違反になること
  • アドセンスの管理画面のキャプチャを貼って開示
  • 「推定収益額」の正確に表記して開示


推定収益額は無効なクリック数や
インプレッション数が含まれています

そのため、支払い金額とは差額が生じる場合もあります




推定収益額から無効なものを引いたものが
支払い金額となります

自らによる本サービスの利用によりもたらされた
Google による支払総額を正確に開示することができます。

Google AdSense 規約

支払い金額を正確に表記して開示することは許されています

広告の競争率を上げるには?

  • 広告のジャンルを増やす

今回はワンクリックでできる
広告の「ジャンル」の増やし方を説明します

ジャンルを増やす

掲載可能なジャンルを
Googleアドセンスのページで設定することができます

自分のコンテンツに最適な広告がブロックされていることがあるので確認してみましょう!

掲載可能なカテゴリについては以下の手順で確認できます

サイトの景観を崩したくない場合は不要なジャンルを非表示にしましょう

広告掲載のジャンルが多いほど入札する広告主が多くなるため
広告を掲載したい「広告主」の競争率が高まります

まとめ

Googleの広告は
オークション形式で最適な広告が掲載されていることがわかりました


また、ユーザーの閲覧履歴等を考慮して
クリックされやすく単価の高い広告を
Googleが用意していくれていることには驚きですね…

掲載するジャンルを増やすことによって
入札者の競合率も高まります

ツタロー
ツタロー

ワンクリックでジャンルの数を調節できますので
一度設定画面を見ておくといいと思います!

広告のジャンルには「ギャンブル」や「性に関する内容」もあります
ユーザーが離脱しないためにも
不快を与えるジャンルはブロックしましょう

ジャンルを絞りすぎると競合率が下がってしまうので
最適なバランスを保てるといいですね!


仕組みを理解することによって
広告の質を上げて少しでも
アドセンスの収益が上がれば幸いです


ぜひ試してみてください!

それでは〜!


コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる