その他運営サイトはコチラ▷link lit

PayPay証券の口座開設方法と手数料は?米国株の少額投資が最適な理由とは!

近年、老後の資産形成のために資産形成がブームとなっております

<「米国株投資を初めてみたいけどやり方がわからない」

<「米国株を買ってみたいけど投資資金が少ない」

と悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

少額で米国株投資をするのであればPayPay証券が最適です

PayPay証券を利用することで¥1,000円から米国株投資をすることが可能です

こんな人におすすめ
  • 米国株投資を始めたい
  • 少額投資をしたい
  • スマホで株式投資をしたい

米国株に投資をするのは少し不安があると思います

この記事を読み終わると「PayPay証券で米国株に投資をしてみよう」となると思いますので最後までお付き合いください

ツタローjr.

米国株の少額投資はPayPay証券が最適です!

Contents

PayPay証券とは

PayPay証券は「手軽に投資ができる」ことをコンセプトにサービスを開始しました

元々、「PayPay証券」の旧名は「One Tap Buy」という名前でした

名前の通り1回のタップで株式投資が行える手軽さが特徴なのがPayPay証券です

PayPay証券のユーザー数

PayPay証券はPayPayボーナスで運用できる投資の擬似体験を行なっているユーザーが400万人を突破しました

  • 2020/7
    • 100万人突破
  • 2020/9
    • 150万人突破
  • 2021/3
    • 200万人突破
  • 2021/4
    • 300万人突破
  • 2021/8
    • 400万人突破
引用:PayPay証券

PayPay証券2021年8月に400万人の人が株式投資をしています

PayPayボーナスとは

PayPay利用時や特典、キャンペーンで獲得できるPayPayの残高

無期限で利用ができるポイントのようなもの

PayPay証券の運用益

PayPayユーザーの10人に1人が運用しており、PayPayボーナスでの運用している96.2%がプラス運用中(※2021年7月27日時点)

ツタローjr.

PayPayボーナス100円を運用して41%の利益が出ています

スタンダードコースのS&P500のETFに投資をした結果41%の上昇しました

PayPay証券の投資体験は米国株のS&P500のみしか選択肢がありません

そこに投資をした96.2%の人がプラス運用しています

ツタローjr.

経済成長し続けるアメリカに投資をすることで運用益が出ています

まずは、PayPayボーナスでの擬似投資をやってみると株式投資の感覚が掴めると思います

運用額を増やしたいという方は、PayPay証券の口座を開設することをオススメします

PayPay証券のメリット

PayPay証券のメリット
  • 米国株投資ができる
  • 1,000円から投資ができる
  • おいたまま買付が可能
  • 初心者にもわかりやすい取引画面
  • ポイント投資が可能

特に1,000円から米国株投資ができるのはPayPay証券だけの魅力です

米国株投資ができる

アメリカで有名な企業といえばGAFAMです

  • Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon
  • Microsoft

この有名な企業の株主になることができます

この5社の時価総額は、日本の東証1部企業2170社の時価総額を上回ります

ツタローjr.

アメリカの完全勝利ですね

GAFAMはS&P500の20%の割合を占めており、S&P500の指数を牽引している企業です

経済成長の観点、会社のブランドからみても、投資をしてみたい企業の代表格です

少額投資ができる

米国株で少額投資ができるのはPayPay証券のみです

少額投資の最大の魅力は分散投資ができることです

米国株は1株から投資ができますが、1株の値段が高い会社を買うことが難しいです

  • Googleの株価
    • 約2,800ドル(30万円)
  • Amazonの株価
    • 約3,400ドル(37万円)

GAFAMの2社に投資をしようとしても最低70万円ほど必要となってしまいます

投資資金の少ない人にとっては1社に依存してしまい分散投資ができなくなってしまいますよね…

ツタローjr.

楽天証券を使っている僕はGoogleとAmazonの株が欲しいけど高くて買えていません…

しかし、PayPay証券では1,000円刻みで投資をすることが可能です

1万円をGAFAM5社に2000円ずつ均等に投資ができることが魅力的です

おいたまま買付が可能

おいたまま買付

株を購入するためには証券口座にお金がないと買うことができません

PayPay証券は銀行の預金から株を直接購入することができる「おいたまま買付」というサービスがあります

対象金融機関
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 南都銀行
  • ドコモ口座
  • ソフトバンクカード

|おいたまま買付を行う際の購入金額は1万円単位です

ツタローjr.

証券口座に資金が拘束されないのがいいところだね!

初心者にもわかりやすい取引画面

PayPay証券は”スマホで気軽に投資ができる”をコンセプトにサービスを立ち上げました

その結果、初心者でも簡単に株の取引ができるのが魅力です

トップ画面には「ピックアップ」「テーマ」「全銘柄」のコンテンツから株を探すことができます

株をお気に入りに登録したり、購入すると保有銘柄に会社名が表示されます

|ポートフォリオも円グラフで表示されるので、分散投資ができているかが一目瞭然で非常に使いやすいです

通常の証券会社の場合はGoogleスプレッドシートを利用しないと、円グラフ表示にはできません

もし、Googleスプレッドシートで管理をしたいのであればこちらで設定ができます

ツタローjr.

購入画面も直感的に操作ができるからとても簡単!

ポイント投資が可能

※ポイント投資はPayPayのアプリから利用可能です

PayPay証券とは別に、PayPayで支払った際にもらえるPayPayボーナスで投資をすることができます

PayPayボーナスは「アクティブコース」と「スタンダードコース」の2種類の選択肢のみです

ツタローjr.

選択肢が2種類だからあまり迷わなくて済むね!

  • アクティブコース
    • S&P500の3倍の値動きするETF
  • スタンダードコース
    • S&P500に連動したETF

アクティブコースは$SPXLというETF
スタンダードコースは$VOOというETFを指しています

もちろん上記のETFはPayPay証券で購入することが可能です

投資が怖いという方はPayPayボーナスを投資して投資の擬似体験をしてみましょう

PayPay証券のデメリット

PayPay証券のデメリット
  • 手数料が他と比較して高い
  • 指値注文ができない
  • 銘柄数が少ない
ツタローjr.

特に手数料についてはよく理解してから投資をすること!

手数料が割高

PayPay証券取引可能時間

PayPay証券は他の証券会社と比較して手数料が割高の傾向があります

米国株
日本株
  • 取引時間内は0.5%
  • 取引時間外は0.7%
  • 取引時間内は0.5%
  • 取引時間外は1.0%

取引時間内であれば、株を購入時に0.5%、売却時に0.5%手数料が取られます

株を買って売るという行為をすると1%の手数料がかかります

日本株の手数料比較

購入金額
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE-2-min-1.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7966bae78213db11914ad7af893f8431-1.png
1,000円¥5¥55¥55
5,000円¥25¥55¥55
10,000円¥50¥55¥55
11,000円¥55¥55¥55
30,000円¥150¥55¥55
50,000円¥250¥99¥99
100,000円¥500¥99¥99

|SBI証券、楽天証券は100株購入時の手数料です

日本株への投資は手数料が比較的高い傾向にありますが、少額投資の中では通常であります

日本株を55,000円以下で少額投資するのであればLINE証券がオススメです

米国株の手数料比較

購入金額
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE-2-min-1.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7966bae78213db11914ad7af893f8431-1.png
1,000円¥5¥4.95¥4.95
10,000円¥50¥49.5¥49.5
100,000円¥500¥495¥495
450,000円¥2,250¥2,200¥2,200
1,000,000円¥5,000¥2,200¥2,200

米国株については0.05%しか手数料が変わりません

そのためPayPay証券は米国株の少額投資に向いていることがわかります

ツタローjr.

米国株を投資するためには為替コストも発生することも頭に入れておきましょう

  • PayPay証券
    • 1米ドルにつき0.35円(35銭)を加減
  • SBI証券
    • 1米ドルにつき0.25円(25銭)を加減
  • 楽天証券
    • 1米ドルにつき0.25円(25銭)を加減

※1ドル100円の時、10,000円分米国株を購入したとすると、10円の差が開きます

指値注文ができない

PayPay証券は指値注文ができません

指値注文とは

株価が自分の決めた価格になったら購入または売却する設定です

※購入または売却する価格に定置網を仕掛けるようなイメージです

PayPay証券は1,000円単位の取引のため、リアルタイムで変動する株価でしか購入することができません

特に米国株は暴落や暴騰が起きた場合は、寝ていると対応することができません

ツタローjr.

長期で投資をする人はあまり関係ないけど、短期で投資をする人は注意してね!

銘柄数が少ない

PayPay証券は他の証券会社と比較して取り扱い銘柄数が少ないです

  • 日本株
    • 155銘柄
  • 米国株
    • 137銘柄
スクロールできます
取扱銘柄の比較PayPay証券LINE証券SBI証券楽天証券
日本株155150037603760
米国株1371000593

日本株と米国株ともに他の証券会社と比較して圧倒的に少ないことがわかります

しかし、投資初心者にとっては好都合かもしれません

PayPay証券が厳選した銘柄のみ購入することができます

ツタロー

米国株投資歴1年の私がみても十分な投資先ばかりです

投資する対象銘柄は10銘柄ほどが適正と言われています

保有銘柄数が多すぎても管理ができず、少なすぎるとリスクが大きくなってしまうので銘柄の増やしすぎには注意しましょう

口座開設から取引まで|5つのSTEPで解説

口座開設に必要なもの
  • スマートフォン
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 勤務先の電話番号や住所
STEP
PayPay証券にアクセス

PayPay証券にアクセスして、少し下にスクロールをすると「今すぐ無料で口座開設!」のボタンがあるのでタップ

同時に投資デビューキャンペーンが開催されていることがあります

抽選にはなってしまいますが投資資金をプレゼントがあるため、キャンペーンコードを控えておきましょう

STEP
口座開設
STEP
メールを送付

PayPay証券の口座開設案内を受け取るために、メールアドレスを入力して送付をします

STEP
会員登録
PayPay証券株式会社
「PayPay証券からのご連絡」

PayPay証券株式会社から「PayPay証券からのご連絡」という題名のメールがすぐに届きます

|届いていない方は迷惑メールBOXを確認してみてください

ここから会員登録に移ります

STEP
本人確認の提出

オンライン本人確認がおすすめです

本人確認書類で必要なもの
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

マイナンバーカードをお持ちで無い方は

マイナンバー通知カード」または「マイナンバー記載の住民票」が必要です

本人確認書類の撮影

運転免許証の撮影を行います

運転免許証の斜めからの撮影が必要です

表示される通りに進めれば問題なく撮影できます

|運転免許証の情報がブレた場合は再撮影をしましょう

顔写真の撮影

本人確認書類が終わったら顔写真の撮影に映ります

室内の明るさで撮影をしましょう

顔を正面から撮影すれば完了します

|私の場合部屋が明るすぎてシャッターボタンを押せませんでした

リアルタイムチェック

顔写真が写真ではないかの確認があります

指示通りに顔を動かせば問題なく進むことができます

ツタローjr.

顔を枠に収めたままスマホを近づけるように指示がありました!

STEP
口座の申し込み完了

口座の申し込みが完了すると

口座開設申し込みの受付完了のメールが届きます

PayPay証券株式会社
「口座開設のお申し込みを受け付けました」

と登録したメールアドレスに届きます

申し込みが完了してから1〜2週間程度で口座が開設されます

申し込みから6日後に口座が開設されました

ツタローjr.

口座開設が終わったらダウンロードをしておこう!

PayPay証券 1,000円で大企業の株主に
PayPay証券 1,000円で大企業の株主に
開発元:PayPay証券株式会社
無料
posted withアプリーチ
STEP
PayPay証券に入金

口座が開設されるとPayPay証券からメールが届きます

PayPay証券株式会社
「PayPay証券口座開設完了のご案内」

このメール内に記載されている「入金先金融機関」へ振込またはATMから入金を行います

「おいたまま買付」を行う場合は入金不要です

振込先

金融機関:みずほ銀行
支店名:メールに記載
口座種別:普通
口座番号:メールに記載

|ATMから入金すると手数料が取られる可能性があります

楽天銀行を開設することによって、振込手数料が最大3回無料となります

平日の10時に振込み行って、12時頃に入金されました

STEP
実際に株を取引

まずはPayPay証券にログインを行います

ツタローjr.

メールに書いてある会員IDと初期パスワードを入力しよう!

ログインをすると新しいパスワードの設定を行います

|新しいパスワードはメモして保管しておきましょう

ツタローjr.

今回はアップルの株を買います!

トップ>全銘柄 から「Apple」と検索をしてロゴをタップします

「米国株」から選んでもOKです

購入画面で「買う」を選択してから購入金額を選択します

通常だと15,000円で1株買えますが、PayPay証券は1000円単位で購入できるのが便利です

「買う」をタップして取引時のパスワードを入力すると、株を購入することができました

株を保有し続けることで1,000円からでも配当金を受け取ることができます

まとめ|PayPay証券は米国株に少額投資をしたい人に最適

PayPay証券のデメリット
PayPay証券のメリット
  • 手数料が高い
  • 指値注文ができない
  • 取扱銘柄が少ない
  • 米国株投資ができる
  • 少額投資ができる
  • おいたまま買付が可能
  • 初心者でもわかりやすい取引画面
  • ポイント投資もできる

PayPay証券の手数料は日本株、米国株ともに0.5%でした

日本株を¥11,000円以上取引する場合はLINE証券SBI証券等が選択肢に入ってくると思います

米国株投資であればSBIや楽天証券よりも、定額で買えるPayPay証券がオススメです

ツタローjr.

米国株を少額投資したい人はPayPay証券で決まりだね!

米国の企業は常に成長し続けており、株価も右肩上がりの企業が多くあります

中でも有名な企業で株価が成長したのはGoogleで、1年間で83%も上昇しました
(2020/10~2021/10)

10,000円購入したら18,300円になる計算です

米国の株を手軽に買える時代になってきましたので、投資をしてみてはいかがでしょうか

ツタローjr.

米国株投資で資産を形成しよう!

それでは〜!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる