その他運営サイトはコチラ▷link lit

【徹底比較】積立NISAは楽天証券とSBI証券どっちがいい?「SBI V」よりも「eMAXIS slim」が有利という結果に!?

こんな人にオススメ
  • SBIと楽天で迷っている
  • これから資産形成を始める
  • できるだけお得に積み立てたい

老後の2,000万円問題で資産形成を行おうと考えている人が増加傾向にあります

しかし、ネット証券が多すぎてどこのネット証券口座を開設すれば良いのか迷ってしまいますよね…

私も、NISAの口座を開設するときは非常に悩み、メガバンクネット証券に乗り換えました

今回はネット証券で人気の口座
楽天証券」と「SBI証券
どちらを使うべきなのかを徹底的に解説したいと思います

積立投資を行う際はクレジットカードで積立をした方が有利です

クレジットカードで積立ができる証券会社は4つあります

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • tsumiki証券
  • スマートプラス

この中でもポイントの還元率1%で高いのが
楽天証券SBI証券です

楽天証券とSBI証券どちらがいいのかを5つの観点から比較をしてみたいと思います

  1. 証券口座の特徴
  2. 投資信託
  3. クレジットカード
  4. 銀行の利便性
  5. 付与ポイント

ケースによってどの証券口座がオススメなのかは異なりますが、私が比較した結果はこのようになりました

  • 楽天カードをお持ちの方
    • 楽天証券でemaxis slim
  • 三井住友ゴールドカードをお持ちの方
    • SBI証券でemaxis slim
  • これから積立を行おうと考えている方
    • 楽天証券と楽天カードで積立(楽天経済で生活の方)
ツタローjr.

順番に解説していきます!

Contents

はじめに

積立投資で資産を形成する上で欠かせない
3種の神器」があります

積み立て投資に必須な3種の神器
積立投資の3種の神器
  1. 証券口座
  2. 銀行口座
  3. クレジットカード

この3つを同時に利用することによって資産形成の効率を最大限に高めることができます

SBI証券の場合
楽天証券の場合
  • SBI証券
  • 住信ネット銀行
  • SMBCカード
  • 楽天証券
  • 楽天銀行
  • 楽天カード
ツタローjr.

これから積立投資を始めようと検討している人は「3種の神器」を揃えて積立投資を行おう!

【証券口座】SBI証券と楽天証券

SBI証券と楽天証券はネット証券の中でも、口座開設数が右肩上がりで推移しています


また、証券口座2つの大きな違いは
取扱銘柄数
最安手数料
に違いがあります

口座開設数

口座開設数では野村証券が1位でしたが、近年では取引手数料が安いネット証券口座が急成長をしています

ネット証券の中でも急成長しているのが
SBI証券」と「楽天証券」です

SBI証券の開設口座数:726万口座

引用:SBI証券決算パワーポイント資料

楽天証券の口座開設数:624万口座

引用:楽天証券決算パワーポイント資料

2020年にネット証券が野村証券を上回りました

その背景には老後の2000万円問題に不安を抱えた人が資産形成を目的としてネット証券の口座を開設しています

資産形成を行うために重要なのが、「積立NISA」や「投資信託」の長期目線で見た投資です

|「積立NISA」や「投資信託」は楽天証券とSBI証券どちらでも購入することができます

楽天証券とSBI証券の大きな違い

楽天証券とSBI証券どちらも投資信託や積立NISAを購入できますが、微妙に違いがあるので比較をしてみます

項目楽天証券SBI証券
楽天証券SBI証券
投資信託
銘柄数
2,7012,680
積立NISA
銘柄数
177175
信託報酬(最安)emaxis slim シリーズ
0.0968%
SBI・Vシリーズ
0.0938%
口座の開設口座の開設はこちら口座の開設はこちら
  • 楽天証券
    • 取り扱い銘柄が豊富
  • SBI証券
    • 運用手数料が安い

という違いがあります

投資信託を運用する際には”信託報酬“というコストがかかってしまいます

信託報酬:投資や運用にかかるコストのことを言います

長期投資をする上ではコストを極力抑えることで効率よく運用ができます

100万円投資をしている場合、信託報酬が0.1%違うと1000円の差が生じます

投資信託の中でも信託報酬が安いのが
SBI・V」というシリーズです

SBI・Vシリーズは楽天証券で購入することができない投資信託です

楽天証券かSBI証券かで長期投資をするか迷いどころですよね…

楽天の信託報酬が最安の
emaxis slim シリーズ」とSBI証券最安の
SBI・V」シリーズを比較してみました

【投資信託】emaxis slim と SBI・V

  • 楽天証券で購入できる信託報酬が最安の投資信託
    • eMAXIS slimシリーズ
  • SBI証券で購入できる信託報酬が最安の投資信託
    • SBI Vシリーズ

信託報酬の手数料の差は「0.003%」ですがどのくらい違いがあるのかをみていきたいと思います

emaxis slimシリーズについて

emaxis slimシリーズはマザーファンドを通じて米国株式を直接購入しています

投資信託の仕組み
マザーファンドとは

複数のベビーファンドからの資金を集めて株式投資を行う投資信託を指します
※ベビーファンド個別に運用するよりも運用規模を大きくすることで効率化を図っています

SBI・Vシリーズについて

SBI Vシリーズは集めた資金をバンガード社が運用するETFに投資をしてリターンを得ています

SBI・Vの投資信託の仕組み
バンガードとは

世界最大級の資産運用会社でありながら、経費率が他のETFと比較して1/3程度のコストで運用してくれる会社

emaxis slim とSBI Vの比較

emaxis slimとSBI Vシリーズについて比較をしてみたと思います


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: V.png
信託報酬0.0968%0.0938%
実質コスト0.1214%0.1123%
騰落率(6ヶ月)23.41%23.39%
騰落率(1年)36.04%36.15%
トータルリターン(1年)44.31%44.05%
純資産6327億円3124億円
株価詳細を見る詳細を見る

積立投資で手数料が最安の「emaxisシリーズ」と「SBIVシリーズ」のS&P500で比較をしてみます

手数料はSBI Vが勝りますが、トータルリターンはemaxis slimシリーズが勝ります

過去1年間積立NISAを行って場合、どれくらい違いが出るのかをシミュレーションしてみました

<前提条件>

期間:2020/9~2021/9
積立金額:¥33,333円

※月初の基準価格を参考に成長率を算出しました

マイナスに行くとSBIが有利、プラスに行くとemaxis slimが有利

emaxis slimとSBI Vの1年間運用した時の比較

過去1年間運用した場合emaxis slimシリーズの方が¥592円リターンが大きいことが確認できました

ツタローjr.

僅かではありますがemaxis slimに軍配が上がりました!

SBI Vの特徴でである信託報酬については年間で
4円しか差
がありませんでした

信託報酬の差は0.003%であり、実質コストの差は0.0091%しか変わりがありません

信託報酬と実質コストの違い

投資信託を運用するにあたって、”隠れコスト“が発生します

この隠れコストは「運用報告書」に記載されているコストを確認でき、
隠れコストは年によってコストが異なります

引用:emaxis slim S&P500 運用報告書

直近一年の実質コストを参考にして月に5万円を積み立てると仮定して20年間運用すると

emaxis slimSBI V¥11,044円の差が生まれました

emaxis slim 実質コスト
楽天証券シミュレーション

利回り 0.1214%/年で計算

仮に1000万円保有したとしてもコストの差額は¥910円/年のため、そこまで大きく考える必要はないかもしれません

コストを考慮したトータルリターンについては1ヶ月の場合は同様でした

しかし、半年、1年で切り取ってみるとemaxisの方がトータルリターンが高いことが分かります

また、直近一年のトータルコストを参考にしてみると「emaxis slim」と「SBI V」で0.25%の差があります

0.25%が20年間続くと仮定すると¥303,749円の差がつきました

投資信託を選ぶ際は信託報酬の運用コストだけでなく、運用コストを含めた「トータルリターン」で比較をすると、

emaxis slimシリーズ」に軍配が上がります


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: V.png
トータルリターン(1ヶ月)2.98%2.98%
トータルリターン(6ヶ月)23.03%22.9%
トータルリターン(1年)36.37%36.12%
株価詳細を見る詳細を見る

実際に購入してみた

ツタローjr.

「eMAXIS Slim」と「SBI V」を購入して比較をしてみました

前提条件
  • 購入金額
    • ¥10,000
  • 購入シリーズ
    • S&P500
  • 購入日
    • 2021/10/02

【クレカ】楽天とSMBC

クレジットカードで積立を行うことでポイントが付与されるところが積立投資の魅力です

クレジットカード新卒採用|楽天カード
楽天カード
三井住友カードVISA(NL) : 三井住友銀行
SMBCカード
年会費通常カード 永年無料
ゴールドカード ¥2,200/年
プレミアムカード ¥11,000/年
通常カード 永年無料
ゴールドカード ¥5,500/年
プラチナカード ¥33,000/年
積立上限¥50,000/月¥50,000/月
積立金額に対するP付与全てのカードで1%通常カード 0.5%
ゴールドカード 1%
プラチナカード 2%
クレカ発行の還元額最大¥5,000円相当最大¥13,000円相当
積立投資キャンペーン2021年内の積立は+1%
クレジットカードの発行申込はこちら申込はこちら

クレジットカードを利用しての積立の上限額は同じで「¥50,000/月まで」です

積立で得られるポイント

楽天カードの場合は毎月500P
SMBCカードの場合は最大で1,500P獲得することができます

通常カードで比較をしてみると

  • 楽天カード
    • 積立金額に対して1%のポイント付与
  • SMBCカード
    • 積立金額に対して0.5%のポイント付与

SMBCカードはキャンペーンを含めると初年度は6000P獲得できますが、
残りの19年は0.5%の付与なので、年間の差額は3,000Pの差が開きます

20年間¥50,000円を積み立てると仮定すると差額は66,000Pとなります

楽天は年会費無料の通常カードで積み立てても1%の付与がありますが
SMBCカードは年会費¥5,500円のカードを利用しなければ0.5%の付与となります

※SMBCのゴールドカードは年間100万円の利用で年会費が永年無料となります
|積立金額は除きます

ツタローjr.

これから積立投資を行おうと考えている方は楽天カードでの積立をオススメします!

\新規発行で5,000P/

【銀行】利便性を比較

銀行名楽天銀行(旧イーバンク銀行)|ネットバンク

住信SBIネット銀行ローンプラザ|柏マルイ|丸井百貨
金利0.1%0.01%
取引手数料最大7回無料最大15回無料
振込手数料(他行宛)最大3回無料最大20回無料
銀行の開設申し込みはこちら申し込みはこちら

金利

楽天銀行はマネーブリッジをすることによって金利が0.1%に上がります

それに対して住信SBIネット銀行は金利が0.01%であり、楽天銀行の金利と比較すると1/10倍となってしまいます

どちらもメガバンクと比較すると金利は高い傾向にあります(メガバンクの金利0.001%)

ネット銀行を開設しておくと利息がメガバンクより多くつくので、貯金をするのであればネット銀行をオススメします

取引手数料と振込手数料

条件を満たすことで手数料が無料になります

住信SBIネット銀行
楽天銀行
  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、500万円以上
  • または、外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、300万円以上 かつ 住宅ローンを利用
  • 残高が300万円以上
  • または、取引回数が30回以上

上記の条件を満たすことができると手数料が無料になります

  • 住信SBIネット銀行
    • 取引手数料→20回無料
    • 振込手数料→20回無料
  • 楽天銀行
    • 取引手数料→7回無料
    • 振込手数料→3回無料

条件を満たせば住信SBIネット銀行が魅力的ですが、私生活でATMから現金を引き出す回数は1~2回ではないでしょうか?

住信SBIネット銀行では「スマート認証NEO」というセキュリティを登録するだけで
どちらの手数料も5回無料になります

楽天銀行の場合は50万円以上の残高があればどちらの手数料も2回無料となります

ツタローjr.

住信SBI銀行の方が手数料無料の条件が簡単だね!

【付与ポイント】投資信託を保有でポイントがもらえる!

意外と知らない情報ですが、SBI証券楽天証券どちらとも投資信託を保有していればポイントが付与されます

付与されるポイント
  • 楽天証券
    • 楽天ポイント(通常)
  • SBI証券
    • Tポイント

付与率はSBIの方がよく、Tポイントはウェルシアで1.5倍になるのでSBI証券に軍配が上がります

楽天証券

楽天証券では投資信託の保有額によって毎月ポイントが付与されます

スクロールできます
投資信託保有額S&P 500全米株式
50万円〜200万円10P20P
200万円〜400万円40P40P
400万円〜600万円75P150P
600万円〜800万円100P200P
800万円〜1,000万円150P300P
1000万円〜2,000万円200P400P
2,000万円〜400P800P
なんで全米株式はポイントが倍なの?

楽天が指定する銘柄はポイントが1/2になる投資信託があります

emaxis slimシリーズで
ポイントが1/2になる投資信託
  • 全米株式(S&P500)
  • 先進国株式インデックス
  • 全世界株式
    • 3地域均等型
    • 除く日本
    • オールカントリー

※2021/8/2現在

以上の投資信託を保有している場合は付与されるポイントが1/2になります

ツタローjr.

S&P500より全米株式を所持している方が少しだけお得…!

SBI証券

SBI証券も楽天のハッピープログラムと同様に「投信マイレージサービス」があります

投資信託の保有銘柄によって倍率が異なりますがTポイントが付与されます

<計算方法>
月間平均保有金額×付与率)÷365日×ポイント付与対象月の実日数

SBI Vシリーズを保有している場合の付与ポイントは

月間平均保有金額に対し一律0.0242%付与されます

仮にSBI Vを500万円保有していると仮定すると

(500万円×0.0242%)÷365×31=102P


付与されるポイントは102Pとなります

また、SBI証券でemaxis slim S&P500を保有している場合の付与ポイントは、
月間平均保有金額に対し一律0.0374%付与されます

500万円保有していた場合付与されるTポイントは151P楽天の2倍ポイントが付与されます

ツタローjr.

SBI証券の方が少しだけポイント付与がお得だね!

ポイントの使い道

ポイントの使い道新卒採用|楽天カード
楽天ポイント
三井住友カードVISA(NL) : 三井住友銀行
Vポイント
クレカ支払いに充当
ポイントの使い道
投資信託の購入
申込はこちら申込はこちら

楽天ポイント

楽天ポイントの使用用途は多岐に渡り、使い道が非常に多いことがメリットです

楽天ペイを利用してコンビニで利用してポイントを消費ができ使用用途は様々です

私的に一番おすすめのポイントの使い道はクレジットカードに充当することです

実質、銀行口座のお金に変換できるので「通常ポイント現金化」することが可能です

ツタローjr.

付与されたポイントはクレカの支払いに充当するようにしましょう!

その他ポイントの使い道はこちら

\新規発行で5,000P/

Vポイント

VポイントとはSMBCグループの共通ポイントをさします

三井住友のクレジットカードや三井住友銀行を利用することで付与されるポイントです

Vポイントの使い道は主に3つあります

  1. カードの支払いに充当
  2. 他のポイントに変換
  3. 投資信託の購入(2022/5~)

カードの支払いに充当することができる

2021年3月より、Vポイントを1ポイント1円で三井住友カードの支払い額に充当することができるようになりました

ツタローjr.

ポイントの一番効率の良い使い道だね!

三井住友の場合は1回申請することで、3ヶ月分申請なしで利用することができるのが楽天との大きな違いです

|ポイントの有効期限は3ヶ月のため早めの消費が必須です

他のポイントに交換

Vポイントはポイントサイトのようにポイントを変換することが可能です

【Vポイントの使い方】Vポイントを他のポイントに交換する
三井住友カード

この表を見る限り、等価交換が少ないのが非常に残念であります

強いて言うのであれば、Tポイントに交換して20日にウェルシアでポイントを消費することが効率よくポイントを使えます

投資信託の購入

2022年5月より投資信託をVポイントで購入できるサービスが始まります

ツタローjr.

楽天と同様にポイント投資ができるイメージですね

少額のポイントであればポイント投資を行なって資産を増やすこともひとつの手です

まとめ

  • 楽天カードをお持ちの方
    • 楽天証券でemaxis slimシリーズ
  • 三井住友ゴールドカードをお持ちの方
    • SBI証券でemaxis slimシリーズ
  • これから積立を行おうと考えている方
    • 楽天証券と楽天カードで積立

楽天カードを保有しているのであれば、ポイント投資と積立NISAを組み合わせることでSPUが+1倍になると言うメリットがあります

  • 楽天経済圏で生活をする
  • 楽天市場でお買い物をする

上記に当てはまる方は楽天カードでemaxis slimシリーズを積み立てると効率的に資産形成ができます

三井住友ゴールドカードをお持ちの方は年間100万円以上の利用で年会費が永年無料になります

ゴールドカードの利用であれば、楽天カードと同等のポイント還元を受けることができるので、
年間100万円以上の支払いがある方は選択肢に上がります

ツタローjr.

家賃をクレカで支払いしていれば年間100万円はすぐに達成できそうだ…!

投資信託を保有している時のポイント付与率に関してはSBI証券の方が優秀です

付与されるポイントは「Tポイント」ですのでウェル活で有効活用することで生活費を浮かすことができます

これから投資を始める方は、様々な観点から見てトータル的に楽天が優秀でした

楽天ポイントは楽天ペイで利用することもできますし、効率的にポイントを利用することができます

「これから投資信託の積立を始めるぞ!」

と言う人は楽天カードで積立することをオススメします

ツタローjr.

楽天で積立投資を行なって効率よく資産形成をしましょう!

それでは〜!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる