使用中のテーマ「SWELL」を見てみるSWELL 公式HP

【楽天証券で米国株積立】手数料と注意点は?楽天ポイントを使って上手に資産形成

2021年12月26日から楽天証券で米国株の積立米国株のポイント投資ができるようになります

米国株への投資は少しハードルが高い方が多いのではないでしょうか?

米国株は確かに手数料は高いですが、日本株よりも大きなリターンが期待できます

この記事を読むことによって楽天証券の米国株積立の概要と、米国株の注意点が分かります

こんな人にオススメ
  • 米国株を購入したい
  • 米国株を積立投資したい
  • ポイントで投資をしてみたい
ツタローjr.

米国株のデメリットをしっかり把握して投資をしてみましょう!

プロフィール
  • 静岡県在住26歳
  • 社会人4年目
  • 投資歴2020.6〜
  • 1株投資を主流に投資
  • 500万円を投資で運用中
楽天経済圏で
資産形成!

サイト運営者 ツタロー ( @sub_t_job)

Contents

楽天証券の新サービス

楽天証券の新サービス
  • 米国株の積立投資
  • 米国株のポイント投資

米国株の積立投資はSBI証券ですでに始まっているサービスですが、米国株のポイント投資は業界初のサービスとなります

楽天証券の取扱米国株は3909銘柄あり、ETF等を含めると4584銘柄を取り扱っています

楽天証券は米国株を豊富に取り扱っているので、好きな企業の株を購入することができます

まずは概要を順番に説明していきます

米国株の積立投資が可能に!

12/26より、米国株の積立投資が可能になります

今までは投資信託のみ積立投資をすることができました

サービス開始以降は個別株ETFの積み立て投資が可能となります

例えば、米国株で有名な Appleや
Google等の株を積立投資することができます

設定できる条件
  • 積立日
    • 毎月
    • 毎週
    • ボーナス月増額
  • 積立金額
    • 1万円以上
  • 買い付け方法
    • 外貨決済(米ドル)
    • 円貨決済(日本円)

積立金額は1万円以上で積立投資が可能なので、株価が約100ドル以上でなければいけません

株が100ドル未満であれば2株以上積み立てる必要があります

また、企業によっては1株の値段は非常に高額な企業も存在します

1株あたり30万円の資金が必要となる企業もあるため、米国株の積立を考えている人は会社の株価を考慮して積み立てる必要があります

米国株のポイント投資が可能に!

米国株を購入する際の金額の1部をポイントで賄うことができるようになりました

|ポイントのみで米国株を購入することは不可です

また、使用できるポイントは「通常ポイント」のみで期間限定ポイントを利用することができません

貯まっているポイントが少額であれば米国株投資へ充当しても大丈夫です

基本的には楽天カードの決済金額に充当することが賢い使い方です

通常ポイントはカード決済額に充当することを優先しましょう

手数料について

ツタローjr.

米国株は手数料が高いから投資したくない!

米国株は手数料が高いと聞いたことがあり、購入を躊躇っている方が多いのではないでしょうか?

米国株にかかる手数料は主に2つあります

購入にかかる手数料
  • 米国株購入時にかかる買付手数料
  • 円からドルに変える手数料

順番に説明していきます

米国株買い付けにかかる手数料

米国株を購入する手数料は日本株を購入する手数料よりも割高です

5万円の株を購入する際の手数料

米国株→0.495%
日本株→0.11%

米国株を購入する際の手数料は、日本株と比べて約5倍とコストが高いのがデメリットです

米国株の手数料の上限は22ドルとなり、4,444ドル以上の購入は手数料が一定となります

楽天証券日本株と米国株の手数料比較
日本株と米国株の手数料比較
ツタローjr.

こんなに手数料が高いならやめておこうかなぁ…

しかし、米国株が人気である理由は成長率にあります

日経平均株価とS&P500の比較

出典:Trading view

S&P500日経平均株価を比較すると米国のS&P500の成長率が大きいことがわかります

手数料が高くても米国に投資をする人が多い理由が成長率が大きいからです

円からドルに変換するときの手数料

米国株を購入するためには「円→ドル」に交換しなければなりません

交換する際の手数料を為替手数料と言います

楽天証券では円→ドルに交換する際の為替手数料は25銭となります

そのため、10万円を円からドルに交換する際の手数料は250円かかってしまいます

SBI証券の場合、為替手数料は4銭なので楽天証券は割高です

実際にかかる手数料

日本円から米国株を実際に購入する際の手数料を計算してみます

購入金額5万円の場合は、合計で約400円程度の手数料が引かれます

株価が500ドルの会社を積み立てる場合、
銀行から引き落とされる金額は手数料も含めた金額になります

ツタローjr.

株価が496ドルなのに銀行口座から50,000円も引かれている!

このような場合は「為替手数料」「買付手数料」が含まれているので注意してください

米国株積立を行うときには、手数料を含めた金額を投資しなければならないので頭に入れておきましょう

手数料を抑えるには?

楽天証券には買い付け手数料が¥0のETFがあります

手数料無料で購入できるETF
VT
バンガード トータル ワールド ストックETF
VOO
バンガード S&P 500 ETF
VTI
バンガード トータルストックマーケットETF
IVV
iシェアーズ S&P 500 ETF
SPY
SPDR S&P 500 ETF トラスト
GLDM
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト
AIQ
グローバルX AIビッグデータ ETF
FINX
グローバルX フィンテックETF
GNOM
グローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF
2021/11月時点

特に投資信託でも人気の銘柄はこの3つです

  • VT
    • 全世界株式
  • VOO
    • S&P500
  • VTI
    • 米国全体

これらのETFを積み立てることで「円→ドル」に交換する為替手数料のみ支払えば、米国株を購入できます

ツタローjr.

VTの株価は100ドル前後なので少額投資をしたい方は特にオススメ!

注意点

米国株を積み立てる上での注意点は3つあります

米国株積立の注意点

ポイントのみの注文は不可
売却時は外貨決済
10,000円以上の積立が必要

ポイントだけの注文は不可

米国株を買い付けする際はポイントのみでの購入は不可となります

米国株を購入する際は「現金」または「現金+ポイント」で購入しなければなりません

ポイントの利用方法は3つあります

  • 全てのポイントを使う
  • 毎日の利用上限ポイント:○○ポイント使う
  • 毎月の利用上限ポイント:○○ポイント使う

※ポイントが不足している場合は、利用可能なポイントを利用し、残りは現金で補います

1株を購入するのに最低10,000円以上が必要なので、ポイントで補える部分は数百円だと思います

手数料をポイントでカバーして、米国株を積み立てることができるのがいいところです

売却時は「外貨決済」を選択

米国株を引き続き取引したいという方は「外貨決済」を選択しましょう

円貨決済を選択してしまうと「ドル→円」に変える為替手数料を引かれてしまいます

米国株を購入するために一度「円→ドル」に変換したのに、売却時に再度「円」に変換してしまうと往復で50銭の手数料が引かれてしまいます

米国株を今後も取引することを検討している方は売却時は外貨決済を選択しましょう

ツタローjr.

米国株の売買は米ドルで!

最低10,000円以上の積立が必要

楽天証券の米国株を積み立てる条件は、最低10,000円以上の株を購入しなければなりません

そのため、100ドル以下の株を積み立てを検討してる方は複数株の積み立てを行わなければなりません

<例>

コカコーラ($KO)の株を積立設定します

2021年12月現在の株価は57ドル(=約¥5,700)なので積み立てることができません

コカコーラの株を2株購入すれば、114ドルの購入となり、積み立ての条件を満たすことができます

他にも、Appleの株価は170ドル、Microsoftの株価は330ドル付近です

これらの株を積み立てるには、それなりの金額になってしまいますので積み立てる時には気をつけましょう

ツタローjr.

投資信託みたいに定額で購入することはできないの…?

有名な企業の株を積み立てようと思ったけど、株価が高すぎるということもあります

  • Amazon
    • 3,400ドル
  • Google
    • 2,800ドル

毎月30万円近くの積み立てを行おうと思っても一般の方であれば不可能ですよね

株価が高くても個別株を購入したいという方は、PayPay証券がオススメです

PayPay証券を利用すれば、個別株を1,000円から積立投資をすることができます

このように株価の高い企業の株を1,000円単位で購入することができます

少額投資をしたいという方はPayPay証券で積み立てをオススメします

まとめ|積立てるなら手数料無料のETFを!

楽天証券は、楽天ポイントで米国株が投資ができるようになり、米国株の積立も可能になります

楽天の米国株積立をオススメする人
  • 手数料無料のETFを積み立てたい
  • 1株単位で積み立てたい
  • 証券口座を複数持ちたくない

上記のいずれかが当てはまる方は、楽天証券で米国株を積み立てましょう

個人的な考えでは、通常ポイントはクレジットカードの支払いに充当し、個別株の積立投資をするならPayPay証券がベストだと思います

しかし、買付手数料が無料のETFがあるのが楽天証券の強みだと考えています

この強みを生かして手数料無料のETFに積立投資をするのがベストな選択肢です

SBI証券、マネックス証券との比較はこちら

また、米国株で投資をしたい企業の株価が、100ドル〜200ドル程度であれば積立投資をしてもいいかと思います

積立投資をすることでリスクの分散にもなるので、上手に資産形成ができます

為替手数料を抑えたい人はSBI証券がオススメです

楽天証券の新しいサービスを利用して資産形成をしてみてはいかがでしょうか?

少額でも投資をすることは意味はあると思うので試してみましょう

それでは〜!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる